少しは楽に

だんだん楽になってきて、もう追いかけたりはしてないけど、
感情が無くなるのには、まだ時間がかかりそう。
AがだめならBというふうにはなかなか行かない。

何度思い出しても、ブログや日記を読み返しても、
やはり酷いやり方だなと思う。
単純な回数で言えば、7回ほど、2人でご飯にいって、
時々一緒に帰ってたのに、いきなりあんなやり方って、何でだろうな?といまでも思う。
誘われるのがそんなに嫌だったのか、他にいい人が出来たのか、しつこいなと思っていたのか、
期限が悪かったのか、聞いてみたいが、本人はもう忘れてるだろう。
結局のところ、そう言う人だと思うしか無いんだけど。

すべてがなくなった後に、その酷いなって感情だけが残るのだろうな。
その時はもう辛くはないだろうけど。

俺だったら絶対同じやり方はしないだろうし、
俺の周りの人も、そんなやり方はしないだろうねって言ってる。
まあ二回目くらいで断るね。

まだ2月後半で寒い日だったけど、
途中まで一緒に帰って、最後にお疲れ様って言って別れたシーンはまだ容易に目に浮かぶ。
あの時にもうやめたって彼女が思ったのだろうか、最後なのかなという予感はした。
スラリとしたジーンズの後ろ姿、23時位の天神の少し明るいけど暗い交差点。
なんとなく形式的なお疲れ様。

あんな言い方をしないとけないほど、俺のことが嫌だったのだろうか?
どうでも良い、ないがしろにしていい存在だったのだろうか?
「私からは絶対に誘いません」
「私は行きたいとこは自分で調べて、一人で行きます」
文章だとニュアンスとか感情が伝わりにくいけど、人ってこんなに嫌な言い方が
だ出来るんだって?!言い方だったし、周りの人もびっくりしただろうなって、おでん屋で思った。
それほどきつい嫌な言い方だった。
それに続く、連続既読スルー。
思い出すと身体が痺れるほどだったが、今はもういい。

今冷静に考えたらほんと拒絶以外の何物でもない。
追いかけてしまった自分がかなり愚か。